AlmaLinux8.5のインストール手順

eye catching_almalinux AlmaLinux
この記事は約8分で読めます。

Microsoftが提供している仮想化機能のHyper-VにAlmaLinux 8.5をインストールする手順を記載しています。基本的なインストール方法は、CentOSを継承しているため、CentOSやRockyLinuxとほぼ同様となっています。

公式サイト:https://almalinux.org/

Hyper-VをWindows10 Homeで使用する場合は、こちら

スポンサーリンク

ダウンロードサイトからISOファイルをダウンロード

https://mirrors.almalinux.org/isos/x86_64/8.5.html

ダウンロードする時間を短縮するため日本のftpサイトからダウンロードします。(赤枠)

AlamLinuxISOダウンロードサイト画像

本手順では、以下のFTPサイトからisoファイルをダウンロードしました。

Index of /pub/Linux/almalinux/8.5/isos/x86_64
AlmaLinux isoダウンロードサイト画像
Minimal最小限のパッケージを含めたisoファイル。
ネットワーク経由でインストールすることが前提
AlmaLinux-8.5-x86_64-minimal.iso
(1.94GB)
DVDほとんどすべてのAlmaLinuxパッケージを含むフルインストールDVDイメージ。
容量9GB程度ありますが一番簡単にインストールできる
方法です。
※インターネット接続できない環境でインストールする場合は、こちらを選択しましょう。
AlmaLinux-8.5-x86_64-dvd.iso
(9.89GB)
Bootインターネット経由でパッケージをダウンロードする
単一のネットワークインストールCDイメージ。
AlmaLinux-8.5-x86_64-boot.iso
(738MB)
すなりん
すなりん

DVD以外の場合は、リポジトリを設定するなどしないとGUI版サーバー(X Window System上のデスクトップ環境)をインストールできないので、容量は大きいですが、何も考えずインストールする場合はDVD版を使用するのが良いです。

ダウンロードファイルの改ざんチェック

赤枠のチェックサムというリンクをクリックして「CHECKSUM」をクリックします。

AlmaLinux CHECKSUMダウンロードサイト画像
AlmaLinux CHECKSUMファイル画像

キーボードのCtrl+Rを押下します。「ファイル名を指定して実行」ウィンドウが表示されるので、「cmd」と入力しOKボタンを押下してコマンドプロンプトを開きます。※スタートボタンを右クリックすることでも表示できます。

ファイル名を指定して実行

DOSプロンプトで下記のコマンドを実行して、ダウンロードしてきたISOファイルとチェックサムが同一か確認します。

CertUtil -hashfile ファイル名 SHA256

「CertUtil: -hashfile コマンドは正常に完了しました。」を表示されれば正常終了です。チェックサムが表示されますので、ハッシュ値(0081始まる数字)を選択しCtrl+cでコピーします。

Windowsコマンドプロンプト画面

下記、CHECKSUMにコピーしたハッシュ値があれば、改ざんされていません。存在しない場合は、改ざんされている可能性が高いの公式サイトから再度ダウンロードする必要があります。

AlmaLinux CHECKSUM比較画像

仮想マシンの設定

仮想マシン作成と起動については、RockyLinux8.5インストール手順と同様のため下記の記事を参考になります。ここでは省略しています。

AlmaLinuxインストール

「Test this media & Install AlmaLinux 8.5 」を選択しEnterキーを押します。

AlmaLinuxインストール起動画面

言語設定

テキストボックスに「japan」入力します。

AlmaLinux8.5へようこそ画像

「日本語 Japanese」クリックします。右側の一覧に「日本語(日本)」が表示され選択状態になります。

AlmaLinux8.5へようこそ画像

「WELCOME TO ALMALINUX 8.5.」画面の右下にある「続行」ボタンをクリックします。

AlmaLinux8.5へようこそ画像

インストール概要

各種インストールするためのオプションを指定します。オレンジの三角びっくりマークが付いてる箇所は必須入力です。

AlmaLinuxインストール概要画像

時刻と日付の設定

デフォルトでは、アメリカ大陸/ニューヨークタイムゾーンとなっているため、東京へ変更する必要があるためです。

AlmaLinux8.5時刻と日付設定画像

地域は「アジア」、都市は「東京」にします。ネットワーク設定が済んでいれば、「ネットワーク時刻(N)」をオンにします。

AlmaLinux8.5時刻と日付設定画像

rootのパスワード設定を行います。

管理者パスワードを入力します。

AlmaLinux8.5root設定画像

一般ユーザを登録します。後からでも登録可能ですが、一般的にrootユーザで直接ログインはセキュリティ上しませんので、作業者のユーザを登録しておくと良いでしょう。(ここでは、sunarinという作業用ユーザーを作成します。)

AlmaLinux8.5その他ユーザ設定画像

ソフトウェアの設定

必要なソフトウェアを選択します。サーバー(GUI使用)は、デフォルトでは、インストールメディアにDVD版のISOを指定したときしか表示されません。「boot」や「Minimal」のISOを指定した場合は、別途リポジトリーを追加する必要があります。

ここでは、ベース環境(GUI使用)を選択。選択した環境用のその他のソフトウェアは「パフォーマンス」、「レガシーなUNIX互換性」、「開発ツール」、「グラフィカル管理ツール」、「システムツール」を選択しています。

AlmaLinux8.5ソフトウェア設定画像
AlmaLinux8.5ソフトウェア設定画像
AlmaLinux8.5ソフトウェア設定画像

「boot」や「Minimal」はデスクトップ環境はデフォルトでは提供されておらず、コンソールベースとなります。

インストール先の設定

インストール先の論理ドライブとパーティションの作成を行います。ここでは、カスタマイズのチェックボックスをチェックすることで、「完了」ボタンを押した後、自分好みのパーティションを作成することができます。

特にカスタイマイズ要件がない場合は、自動構成のまま「完了」ボタンをクリックします。(ここでは自動構成を使用します)

AlmaLinux8.5インストール先の設定画像

KDUMPの設定

カーネルがクラッシュした際のメモリー予約の設定になります。ここではデフォルト設定を使用します。

AlmaLinux8.5KDUMP画像

ネットワーク接続設定

Ethernetの接続をオンにします。

AlmaLinux8.5ネットワークとホスト名設定画像
AlmaLinux8.5ネットワークとホスト名設定画像

設定ボタンをクリックし、ipアドレスの設定をします。

AlmaLinux8.5ネットワークとホスト名設定画像

「IPv4設定」タブをクリックします。

AlmaLinux8.5ネットワークとホスト名設定 ipv4設定 画像

「メソッド(M)」のコンボボックスをクリックし、自動(DHCP)から手動に変更します。

AlmaLinux8.5ネットワークとホスト名設定 ipv4設定 画像

追加ボタンをクリックします。

AlmaLinux8.5ネットワークとホスト名設定 ipv4設定 画像

アドレス、ネットマスク、ゲートウェイ、必要に応じてDNSサーバーを設定します。設定後に「保存」ボタンをクリックします。※DNSサーバー、インターネット接続しない場合は不要です。ただし、ipアドレスをドメイン名で解決している場合は、必要となります。

AlmaLinux8.5ネットワークとホスト名設定 ipv4設定 画像

「完了」ボタンをクリックします。

AlmaLinux8.5ネットワークとホスト名設定完了画像

セキュリティーポリシーの設定

事前に用意されているポリシーからシステムに適用するセキュリティポリシーを選択します。(ここでは、開発・検証用でインストールするためオフにしています。)

AlmaLinux8.5セキュリティポリシー設定画像

オフ後に「完了」ボタンをクリックします。

AlmaLinux8.5セキュリティポリシー設定画像

以下のように、インストールができる状態(警告アイコン表示がなくなった状態)になったら、右下の「インストールの開始」ボタンをクリックします。

警告画像
AlmaLinux8.5設定完了画像

インストールの進捗状況が表示されます。完了するまでしばらく待ちます。

AlmaLinux8.5インストールの進捗状況画像

「インストールが完了しました!」が表示されたら、右下にある「システムの再起動」ボタンをクリックします。

AlmaLinux8.5インストールの完了画像

AlmaLinux起動画面が表示されるので、Enterキーを押します。

AlmaLinux8.5起動画像

初期セットアップ。「ライセンス情報」ボタンをクリックします。

AlmaLinux8.5ライセンス設定画像

「ライセンス契約に同意します」にチェックします。次に「完了」ボタンをクリックした後、元の画面に戻ります。

AlmaLinux8.5ライセンス契約同意画像

右下にある「設定の完了」ボタンをクリックします。

AlmaLinux8.5ライセンス完了画像

ログイン画面が表示されますので、作成したユーザでログインします。(ここでは、sunarinでログインします。)

※セキュリティ上、rootではログインせず作業用ユーザでログインして、管理者作業のみsu(rootに変更)かsudoで実行すると良いでしょう。

AlmaLinux8.5ログイン画像

ログインパスワードを入力

AlmaLinux8.5パスワード入力画像

デフォルトは、「日本語」に設定されているので確認程度で次へボタンをクリックします。

AlmaLinux8.5ようこそ画像

キーボードレイアウトの変更。特に指定がなければデフォルトのまま、右上の「次へ」ボタンをクリックします。

AlmaLinux8.5入力画像

サーバーや開発用途では、位置情報サービスは不要なため「オフ」にしておきます。

※セキュリティ上はオフにしておいた方が良いでしょう。

AlmaLinux8.5プライバシー画像

オンからオフに変更し、「次へ(N)」ボタンをクリックして進みます。

AlmaLinux8.5プライバシー画像

サーバーや開発用途では、「スキップ(S)」ボタンでスキップします。

AlmaLinux8.5オンラインアカウントへの接続画像

「AlmaLinuxを使い始める(S)」ボタンをクリックします。

AlmaLinux8.5準備完了画像

特にヘルプが不要であれば、右上の×ボタンで閉じます。

AlmaLinux8.5初めて使う方へ画像

セットアップが完了しました。

AlmaLinux8.5デスクトップ画像

試しにターミナルを起動してみます。❶アクティビティをクリックし❷端末をクリックします。

AlmaLinux8.5ターミナル起動画像

ターミナルが起動し、コマンド入力できるようになります。

AlmaLinux8.5ターミナル起動画像

AlmaLinux8.5をHyper-Vの仮想へインストールする手順は、これで完了です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました