Windows10 HomeでHyper-Vを有効にする方法

Windows系
この記事は約2分で読めます。

Hyper-Vは「Windows 10 Enterprise、Pro、または Education」のエディションでは、コントロールパネルのプログラム機能から有効にすることができますが、Windows10 Homeでは使用することができません。一般的には、「VMware Workstation Player」や「VirtualBox」を使用しますが、本記事の手順で有効にすることができます。

Hyper-Vを利用するためには、事前にBIOS上での仮想化支援機能の有効化しておく必要があります。

intel系

Advanced > CPU Configuration >  Execute Disable Bit > [Enabled]   
Advanced > CPU Configuration >  Intel(R) VirtualizationTechnology > [Enabled]

AMD系

Advanced > CPU Configuration > SVM > [Enabled]

以下のテキストをメモ帳に貼り付けます

pushd "%~dp0"

dir /b %SystemRoot%\servicing\Packages\*Hyper-V*.mum >hyper-v.txt

for /f %%i in ('findstr /i . hyper-v.txt 2^>nul') do dism /online /norestart /add-package:"%SystemRoot%\servicing\Packages\%%i"
del hyper-v.txt

Dism /online /enable-feature /featurename:Microsoft-Hyper-V-All /LimitAccess /ALL

メモ帳をクリック

メニューメモ帳

メモ帳に貼り付けます

メモ帳

拡張子は.batとして任意のファイル名で保存します。(ここでは、hyperv_enable.batというファイル名にします)

名前を付けて保存

バッチを右クリックして「管理者として実行」を押下します。

バッチ起動

インストールが始まります。

バッチコンソール

Yを入力してEnterボタンを押下してWindowsを再起動します。

再起動後使用できるようになっています。

Hyper-Vマネージャー

コメント

タイトルとURLをコピーしました