SQLServer2022インストール方法

最終更新日

SQL Server 2022(マイクロソフト)をWindowsServer2022にインストールする方法やデータベース管理ツールのインストール、データベースへの接続方法等を記載。また、SQLServer2022のハードウェア要件、ソフトウェア要件についても記載。

SQLServer2022 ダウンロード

無料版のセットアップファイルを使用してインストールするため、下記のサイトから体験版、開発用の無料エディション、小規模用のExpressエディションのいずれかをダウンロードします。ここではDeveloper版を使用しています。

ダウンロードサイト

マイクロソフト公式サイト

ハードウェア要件

コンポーネント要件
ストレージハード ドライブに 6 GB 以上の空き容量が必要です。
モニターSQL Server では Super-VGA (800×600) 以上の解像度のモニター
インターネット任意
メモリ【最小】
Express Edition: 512 MB
その他のエディション:1GB
【推奨】
Express Edition: 1 GB
他のすべてのエディション: 4 GB 以上。最適なパフォーマンスを確保するために、データベースのサイズが大きくなるにつれて増やす必要があります。
プロセッサ最小: x64 プロセッサ:1.4 GHz
推奨: 2.0 GHz 以上
x64 プロセッサ: AMD Opteron、AMD Athlon 64、Intel Xeon (Intel EM64T 対応)、Intel Pentium IV (EM64T 対応)

機能ごとのストレージ容量

機能必要なディスク空き容量
データベース エンジン とデータ ファイル、レプリケーション、フルテキスト検索、および Data Quality Services1,480 MB
データベース エンジン (上記と同じ) と R Services (データベース内)2,744 MB
データベース エンジン (上記と同じ) と外部データ用 PolyBase クエリ サービス4,194 MB
Analysis Services およびデータ ファイル698 MB
Reporting Services967 MB
Microsoft R Server (スタンドアロン)280 MB
Reporting Services – SharePoint1,203 MB
Reporting Services SharePoint 製品用アドイン325 MB
Data Quality クライアント121 MB
クライアント ツール接続328 MB
Integration Services306 MB
クライアント コンポーネント ( SQL Server オンライン ブック コンポーネントと Integration Services ツール以外)445 MB
マスター データ サービス280 MB
SQL Server オンライン ブック コンポーネント (ヘルプ コンテンツを表示し、管理する)27 MB
すべての機能8,030 MB

※ダウンロードされるオンラインブックコンテンツに必要なディスク容量は200MBです。

ソフトウェア要件

コンポーネント要件
オペレーションシステムWindows 10 1607 以降
Windows Server 2016 以降

Server Core のサポート

  • Windows Server 2022 Core
  • Windows Server 2019 Core
  • Windows Server 2016 Core

インストール

セットアップファイルを実行

SQL2022-SSEI-Dev.EXE」をダブルクリックします。(ダウンロードしたインストールファイル)

SQLServer2022 セットアップファイル実行

インストールの種類を選びます。

基本的にはカスタム(C)を選択します。インストール媒体(ISO形式)だけダウンロードする場合は、「メディアのダウンロード(D)」を選択します。シンプルにほとんどお任せの場合は「基本(B)シンプル」を選択します。ここでは、カスタムの方法を解説します。

SQLServer2022 インストールの種類

インストールメディアのダウンロード場所

基本的にはデフォルトのままで問題ありません。インストールボタンをクリックします。

SQLServer2022 メディアダウンロード

インストールセンターの画面が表示されます。

SQLServer2022 インストールセンター

「システム構成チェッカー」でインストールの事前確認

SQLServer2022が正常にインストールできるか事前に「システム構成チェッカー」で確認します。プラン(①)をクリックし、システム構成チェッカー(②)をクリックします。

SQLServer2022 インストールセンター

実行結果が下記のようにすべて合格であれば問題ありません。

SQLServer2022 セットアップ グローバルルール

SQL Serverの新規スタンドアロン インストールを実行するか、既存のインストールに機能を追加の実行

「SQL Serverインストールセンター」からインストール(①)をクリックし、「「SQL Serverの新規スタンドアロン インストールを実行するか、既存のインストールに機能を追加」(②)を選択します。

SQLServer2022 インストールセンター

プロダクトキーの入力

正規版を購入している場合は、プロダクトキーを入力します。ここでは無償のDeveloperエディションを指定します。次へのボタンクリックします。

SQLServer2022 セットアップ エディション

ライセンス条項

「ライセンス条項と次に同意します」にチェックし、次へボタンをクリックします。

SQLServer2022 セットアップ ライセンス条項

MicrosoftUpdate

Microsoft Updateを使用して更新プログラムを確認する(推奨)をチェックし、次へボタンをクリックします。

SQLServer2022 セットアップ Microsoft Update
SQLServer2022 セットアップ Fileのインストール

インストールルール

インストール ルール画面が表示されます。失敗がなければ「次へ」ボタンをクリックします。

SQLServer2022 セットアップ インストールルール

警告や失敗がある場合は、状態に表示されます。状態の警告や失敗をクリックすることで、詳細な内容が確認することができます。

この例ではファイヤーウォールが有効となっているため、クライアントからサーバーへアクセスするためのポートがブロックされている可能性があるので、確認するようにという警告となります。

インストール後でもファイヤーウォールを変更することができるので、ここでは警告を無視して進めます。

ファイヤーウォールの設定はこちらのURLで解説しています。

SQL Server用Azure拡張機能

Azure機能拡張は使用しないため、「SQL Server用Azure拡張機能(赤枠)」のチェックを外して、次へボタンをクリックします。

SQLServer2022 セットアップ SQL Server用Azure拡張機能

インストールする機能の選択

必要な機能の選択とインストール先を指定します。SQLServerを使用したいだけであれば、「データベースエンジンサービス」のチェックだけで問題ありません。

その他の機能の「検索のためのフルテキスト抽出」や「Machine Learning Servicesおよび言語の拡張」、「SQL Serverレプリケーション」、「Data Quality Services」、「外部データ用PolyBaseクエリサービス」、共有機能等は後からインストールすることもできます。

また、インスタンスルートディレクトリや共有機能ディレクトリ、共有機能ディレクトリ(x86)は、基本デフォルトのままで問題ありません。

必要な機能を選択したら次へボタンをクリックします。

SQLServer2022 セットアップ 機能の選択

レプリケーション機能とは
レプリケーション機能は、大規模システムや高負荷環境下では、よく使う機能です。マスターのコピーを作ることができます。データもほぼリアルタイムでマスターからレプリケーションDBへ連携してくれます。高負荷なWebサイトなどでは、マスターはデータ永続性に専念させ、データ分析やサブシステムの参照先などはレプリケーション側に向けてマスターのパフォーマンスを向上させる設計が行われることがあります。

インスタンスの構成

「既定のインスタンス」をチェックしている場合は、Windowsの「コンピューター名」がSQLServerの名前になります。

「名前付きインスタンス」をチェックして、インスタンス名を入力した場合は、「コンピューター名\インスタンス名」がSQLServerの名前になります。

例えば、コンピューター名が「db1」、インスタンス名を「SQL1」と入力した場合は、「db1\SQL1」がSQLServerの名前になります。

SQLServer2022 セットアップ インスタンスの構成

ここでは、名前付きインスタンスとインスタンスIDは「SQL2022」とします。

SQLServer2022 セットアップ インスタンスの構成

インスタンスとは
SQLServerは、1台のサーバーに複数インストールすることができます。これらは「インスタンス」と呼ばれ、インスタンス名で識別しています。1台のコンピューターには、最大で50個のインスタンスをインストールすることができます。

SQL Serverの名前
SQLServerの名前は、アプリケーションからSQL Serverへ接続するときに指定する名前となる重要な情報です。

サーバーの構成

サービスアカウントと照合順序の構成を指定します。

サービスアカウントタブ

SQL Serverのサービスアカウント(内部的な実行アカウント)を指定します。「ACtive Directory」ドメイン環境ではドメインユーザーを、ワークグループ環境ではWindowsのローカルユーザーを指定します。(基本的にはデフォルトのままで問題ありません。)また、「SQL Serverデータベースエンジンサービスにボリュームメンテナンスタスクを実行する特権を付与する」チェックボックスにもチェックします。

SQLServer2022 セットアップ サーバー構成

サービスアカウントとは
”サービス”は、Windowsのバックグラウンドで動作するプログラムのことです。SQLServerはサービスとしてインストールされます。サービスの実行ユーザは「サービスアカウント」と呼ばれています。

ボリュームメンテナンスタスクを実行する特権付与
サービスアカウントに対して「ボリューム保守タスクを実行」というユーザー権利を付与することができます。この権利は、Windowsの管理者グループ(Administratorsグループ)のメンバーであれば自動的に付与されているものになります。これが、管理者ではないサービスアカウントに付与することで、SQLServerの性能を向上させられるメリットがあります。この権利を付与することで、データベースの作成時や自動拡張時に「瞬時初期化」と呼ばれる内部動作(ファイルを瞬間的に拡張できる機能)を利用できるようになります。これによりデータベース作成や自動拡張動作の性能を大幅に向上させることができます。

照合順序タブ

照合順序タブ(①)をクリックします。

データベースエンジンの照合順序が表示されます。データベースエンジンのデフォルトの照合順序は以前のSQLServer(2005/2008/2008R2/2012/2014/2016/2017/2019)のデフォルトの照合順序と同じ「Japanese_Cl_AS」となっています。

カスタイマイズする場合は、カスタイマイズ(②)ボタンをクリックします。

SQLServer2022 セットアップ サーバー構成

「SQL Server2022データベースエンジン」の照合順序のカスタイマイズ

デフォルトの照合順序の設定は重要です、検索する文字列の大文字・小文字を同一とみなすか別とみなすか、また検索結果の並び替え順序等のデフォルトの挙動を指定する設定になります。筆者が関わった開発案件では、「大文字」と「小文字」を区別することが多いです

また、この照合順序はSQLで個別で指定することもできます。

SQLServer2022 セットアップ データベースエンジンの照合順序のカスタマイズ

データベースエンジンの構成

データベースエンジンの認証セキュリティモード、管理者、データディレクトリ、TempDB,並列処理の最大限度、メモリの制限、Filestreamの設定を指定します。

サーバーの構成

Windows認証モード

SQL Serverのセキュリティモードや管理者を設定します。「Windows認証モードはWindowsにログインしたユーザーでSQLServerに接続するモード」です。現在のユーザーの追加及び追加で接続するユーザーを追加します。

こちらは、運用時にActive Directoryでアカウント管理を厳密に行っている場合はこちらを選択します。

混合モード(SQL Server認証とWindows 認証)

「混合モード(SQLServer認証とWindows認証)」では、Windowsログインユーザー加えて、SQLServer固定のsaアカウント(管理者)でログインすることができます。混合モードでも「SQL Server管理者」は、1ユーザー以上指定しなければなりません。

saのパスワードを入力します。

セキュリティを考慮する場合は、Windows認証モードがおすすめです。スタンドアロンや開発、テスト用途などセキュリティを考慮しない場合には、混合モードがおすすめです。saのパスワードのみ管理すればよいわけなので。

SQLServer2022 セットアップ データベースエンジンの構成 サーバー構成

データディレクトリタブ

各種ファイルの配置されるディレクトリの確認及び設定することができます。基本的にはデフォルトで問題ありませんが、I/Oパフォーマンスを考慮する必要がある場合は、適切なディレクトリを指定します。

SQLServer2022 セットアップ データベースエンジンの構成 データディレクトリタブ

TempDBタブ

一時的作業領域の設定になります。I/Oパフォーマンスを向上させるために、データディレクトリやログディレクトリを変更したりするのに使用します。基本的にはデフォルト設定で問題ないかと思います。

SQLServer2022 セットアップ データベースエンジンの構成 TempDBタブ

MaxDOPタブ

MaxDOPの設定は、このインスタンスに対して並列処理を行うときに使用するコア数の最大数を設定します。基本的にはデフォルトのままで問題ありません。また、このオプションはデータベースに精通した管理者が行う設定となります。

SQLServer2022 セットアップ データベースエンジンの構成 MaxDOPタブ

メモリタブ

SQLServerの動的に割り当てるメモリの最小と最大を指定することができます。単一インスタンスの場合はデフォルトで問題ないでしょう。ただし、複数のインスタンス(同一コンピューター上に複数DB構築する場合)は、最大メモリーは他のOS、アプリケーション、インスタンスから影響しない範囲で設定しましょう。デフォルトのままだと最悪競合が発生します。

最小メモリは、仮想ホストと仮想ゲストで構成されている場合に指定する場合があります。仮想ホストのメモリの占有率が高い場合、仮想ゲストが最低限確保するべきメモリを指定するときなどに使用します。

SQLServer2022 セットアップ データベースエンジンの構成 メモリタブ

FILESTREAMタブ

SQL Serverベースのアプリケーションで非構造化データ(ドキュメント、ファイル、イメージ、動画)をファイルシステムに格納する機能。「Transact-SQLアクセスに対してFILESTREAM」を有効にするチェックをした場合、Transact-SQLを使用して、FILESTREAMデータを挿入、更新、削除できます。

SQLServer2022 セットアップ データベースエンジンの構成 FILESTREAMタブ

インストールの準備完了

インストールされる「SQL Server 2022」の機能を一覧で確認できます。確認してから「インストール」ボタンをクリックします。

SQLServer2022 セットアップ インストール準備完了

インストールの進行状況

インストールが開始されます。

SQLServer2022 セットアップ インストールの進行状況

インストールの完了

SQLServer2022 セットアップ インストール完了

データベースのアクセス方法については、SSMSのインストールを参照

インストールの種類で基本を選択した場合の手順

MicrosoftSQL Serverライセンス条項

同意する(A)をクリックします。

SQLServer2022 セットアップ 基本 ライセンス条項

SQLServerのインストールの場所を指定する

基本的にはデフォルトのままで問題ありませんが、Dドライブなどインストール先が異なる場合は参照ボタン(①)で変更します。インストール場所が決定したらインストールボタン(②)をクリックします。

SQLServer2022 セットアップ 基本 インストール場所

インストールが開始されます。

SQLServer2022 セットアップ 基本 ダウンロード

インストールが完了した場合、以下の画面が表示されます。

SQLServer2022 セットアップ 基本 インストール完了

SSMSのインストール

データベースにGUIからアクセスするためにSSMS(SQL Server Management Studio)をインストールします。SSMSをインストールする場合は、インターネットに接続する必要があります。SSMSのインストールボタンをクリックします。

インフラの運用管理者以外にも、システム開発者がSQL作成・クエリ実行・検証やSQLチューニングする場合など使用するため、データベースを扱う方は必ずインストールします。サーバーにもインストールしますが、実運用ではクライアントからアクセスすることが多いので、クライアントにもインストールしておきます。

以下のURLからSSMSダウンロードサイトに移動します。

SSMS公式サイト

ページを下にスクロールすると使用できる言語という箇所があるので、日本語をクリックします。日本語版がダウンロードできます。

SSMS公式サイト

ダウンロードが終了するとページの右エにファイルを開くというリンクが表示されるのでクリックします。

SSMSセットアップファイル名

SSMSのインストール画面が表示されます。インストール先をどこにするか指定できますが基本的にはデフォルトのままで問題ありません。指定がある場合は変更ボタンで変更します。インストールボタンをクリックします。

SSMSインストール

インストールが開始されます

SSMSインストール

インストールが完了すると下記の画面が表示されます。

SSMSインストール完了

インストールしたインスタンスにアクセス

Windowsマーク(①)→Microsoft SQL Server Tools 19(②)→SQL Server Managemint Studio 19(③)をクリックします。SSMSは右クリックしてスタートかその他→タスクバーにピン留めしておくと便利です。

SSMS起動

SQL Server Managemint Studio 19起動。サーバー名は、混合モード(SQL Server認証とWindows 認証)を選択したので、ホスト名\インスタンスとなります。サーバー名、ログイン=sa、パスワードを入力した接続ボタンをクリックします。

SSMSからDB接続

以下がSQL Serverに接続が成功した画面になります。

SSMS画面

データベースで右クリック→「新しいデータベース・・・」を選択して新しいデータベースを作成してみます。

SSMS画面

データベース名にtestと入力してOKボタンをクリックします。

SSMS データベース作成

新しいデータベースが作成されました。

SSMSツリー

各種ツールの登録

インストール後に、SQLServer2022の各種ツールが登録されているか確認し、使用頻度が高いアプリケーションはピン留めしておきます。「Windowsマーク」をクリック→「Microsoft SQL Server2022」をクリック→「SQL Server2022構成マネージャー」を右クリックします。タスクバーにピン留めするをクリックします。

タスクバーに「SQLServer2022構成マネージャー」がピン留めされます。

完了

SQLServer2022のインストールはこれで完了です。

すなりん

サイトの管理者「すなりん」です。現役のシステムエンジニアをしてます。要件定義からテスト、プロジェクトマネージャー、顧客調整、社内インフラなんでもこなします。いわゆるフルスタック・エンジニアです。 仕事柄色んな技術や製品を扱うことが多く、なかなか覚えているもの大変ですし、しばらくすると忘れてしまうことが多いので、自分なりの形で技術情報やIT関係の情報を掲載しています。 個人で仕事の合間をみながら記事の投稿やサイトを更新していますので、誤字や間違った内容があったりもしますので、閲覧者はご理解の上ご利用ください。