Linuxコマンド辞典 fdiskコマンド(デバイス)

linuxコマンド辞典 Linux
この記事は約5分で読めます。

パーティションを操作する「fdisk」コマンドの概要と使い方を記載しています。

RHEL Fedora CentOS Vine Ubuntu Plamo

使用頻度:1.0

概要・使用方法

書式

$ fdisk [オプション] [デバイスファイル名]

対話的にパーティションの操作を行うことができます。HDDは複数の論理デバイスに分割できます。分割した論理デバイスをパーティションと呼びます。HDDを分割する理由はバックアップやセキュリティ上の都合などがあります。fdiskで用意されているコマンドによって、対話的にパーティションの追加や削除、パーティションタイプの変更などを行うことができます。パーティションの変更をHDDへ反映するには、終了時に「w」を入力します。また、パーティション作成後は、mkfsコマンドなどを使ってファイルシステムを作成します。

コマンドを実行するには管理者権限で行う必要があります。

オプション

-sパーティションサイズをブロック単位で表示する
-uパーティションサイズをセクタ単位で表示する
-l指定したデバイスのパーティションリストを表示する

主な対話コマンド

コマンド説明
aブート可能なフラグを付ける
dパーティションを削除する
lパーティションタイプを一覧で表示する
mヘルプメニューを表示する
n新しくパーティションを作成する
pパーティションテーブルを表示する
tパーティションタイプを変更する
wパーティションを書き込む
q変更を保存せずに終了する

パーティションを対話的に作成したり削除したりします。2Tバイトを越えるパーティションでは、partedコマンドやgdiskコマンドを使います。

Linuxがインストールされているパーティションの一覧を表示する

$ fdisk -l /dev/sdb

実行結果

[root@localhost ~]# fdisk -l /dev/sdb
ディスク /dev/sdb: 1 GiB, 1073741824 バイト, 2097152 セクタ
単位: セクタ (1 * 512 = 512 バイト)
セクタサイズ (論理 / 物理): 512 バイト / 4096 バイト
I/O サイズ (最小 / 推奨): 4096 バイト / 4096 バイト
[root@localhost ~]# 

外部ディスクにパーティションを作成する

外付けのハードディスクに新しくパーティションを作成します。

$ fdisk デバイスファイル名

実行結果

[root@localhost ~]# fdisk -l /dev/sdb
ディスク /dev/sdb: 1 GiB, 1073741824 バイト, 2097152 セクタ
単位: セクタ (1 * 512 = 512 バイト)
セクタサイズ (論理 / 物理): 512 バイト / 4096 バイト
I/O サイズ (最小 / 推奨): 4096 バイト / 4096 バイト
[root@localhost ~]# fdisk /dev/sdb

fdisk (util-linux 2.32.1) へようこそ。
ここで設定した内容は、書き込みコマンドを実行するまでメモリのみに保持されます。
書き込みコマンドを使用する際は、注意して実行してください。

古い ext4 署名は write (書き込み)コマンドを実行すると消えてしまいます。

デバイスには認識可能なパーティション情報が含まれていません。
新しい DOS ディスクラベルを作成しました。識別子は 0x20684541 です。

コマンド (m でヘルプ): n     ←新しいパーティションを作成する
パーティションタイプ
   p   基本パーティション (0 プライマリ, 0 拡張, 4 空き)
   e   拡張領域 (論理パーティションが入ります)
選択 (既定値 p): p
パーティション番号 (1-4, 既定値 1): 1 ←パーティション番号は1
最初のセクタ (2048-2097151, 既定値 2048):  ←開始位置はデフォルト
最終セクタ, +セクタ番号 または +サイズ{K,M,G,T,P} (2048-2097151, 既定値 2097151): ←終了位置もデフォルト(最後のセクタとなる)

新しいパーティション 1 をタイプ Linux、サイズ 1023 MiB で作成しました。

コマンド (m でヘルプ): p  ←プライマリパーティションを選択する
ディスク /dev/sdb: 1 GiB, 1073741824 バイト, 2097152 セクタ
単位: セクタ (1 * 512 = 512 バイト)
セクタサイズ (論理 / 物理): 512 バイト / 4096 バイト
I/O サイズ (最小 / 推奨): 4096 バイト / 4096 バイト
ディスクラベルのタイプ: dos
ディスク識別子: 0x20684541

デバイス   起動 開始位置 終了位置  セクタ サイズ Id タイプ
/dev/sdb1           2048  2097151 2095104  1023M 83 Linux

コマンド (m でヘルプ): w ←パーティションテーブルの変更を書き込んでから終了する
パーティション情報が変更されました。
ioctl() を呼び出してパーティション情報を再読み込みします。
ディスクを同期しています。

[root@localhost ~]# 
タイトルとURLをコピーしました