Linuxコマンド辞典 fsckコマンド(デバイス)

最終更新日

ファイルシステムの整合性のチェック/修正する「fsck」コマンドの概要と使い方を記載しています。

RHEL Fedora CentOS Vine Deblan Ubuntu Plamo

参考サイト:Man page of INSTALL

使用頻度:[star rate=”1″ max=”3″ number=”1″]

概要・使用方法

書式

$ fsck [オプション] デバイス/マウントポイント

ファイルシステムの整合性チェックや修復を行います。ファイルシステムの整合性とは、ファイルの内容とメタデータ(属性情報など)が適切に関連づけられているかどうかです。システムの電源がいきなり落ちたりすると、ファイルシステムに不整合が発生することがあります。「fsck」コマンドはファイルシステムの種類に応じたチェックコマンド(e2fsck、fsck.ext3、fsck.xfsなど)を実行し、問題があれば修復を試みます。

また、fsckは一定期間起動していない場合や、決められた回数のマウントを行ったデバイスに対し、システム起動時に自動で実行されます(ext2/ext3)。また、修復できないファイルは、各パーティションに用意されているlost+foundディレクトリに退避します。fsck自体は、複数のファイルシステムチェックツールのフロントエンドです。

チェック対象のファイルシステムはアンマウントしておく必要があります。

[rin@localhost ~]$ sudo fsck /dev/sdb
fsck from util-linux 2.32.1
e2fsck 1.45.6 (20-Mar-2020)
ext2fs_open2: Bad magic number in super-block
fsck.ext2: Superblock invalid, trying backup blocks...
/dev/sdb was not cleanly unmounted, check forced.
Resize inode not valid.  Recreate<y>? 

オプション

-t ファイルシステムファイルシステムタイプを指定する
-y対話的な質問すべてに「yes」で答える
-A/etc/fstabを参考にしてファイルシステムやデバイスをチェックする
-n実際には何も実行せず、何が実行されるかだけを表示する

ファイルシステムのチェックや修復を行う

$ fsck デバイスファイル名

実行結果

[rin@localhost ~]$ sudo fsck /dev/sdb
fsck from util-linux 2.32.1
e2fsck 1.45.6 (20-Mar-2020)
/dev/sdb: clean, 11/65536 files, 12955/262144 blocks
[rin@localhost ~]$ 

すなりん

サイトの管理者「すなりん」です。現役のシステムエンジニアをしてます。要件定義からテスト、プロジェクトマネージャー、顧客調整、社内インフラなんでもこなします。いわゆるフルスタック・エンジニアです。 仕事柄色んな技術や製品を扱うことが多く、なかなか覚えているもの大変ですし、しばらくすると忘れてしまうことが多いので、自分なりの形で技術情報やIT関係の情報を掲載しています。 個人で仕事の合間をみながら記事の投稿やサイトを更新していますので、誤字や間違った内容があったりもしますので、閲覧者はご理解の上ご利用ください。