SQL道場 変換関数 ISNULL関数

最終更新日

SQLでNULL値を変換するISNULL関数について記載しています。

Describes the IS NULL function for converting null values in SQL.

対応データベース:SQL Server DB2 Access

ISNULL関数の文法

SELECT ISNULL(式1,式2) FROM テーブル
SELECT ISNULL (Equation 1, Equation 2) FROM table
引数式1(Equation 1)
式2(Equation 2)
返値式1がNULLでなかった場合は、式1が戻ります。
If expression 1 is not null, expression 1 returns.

ISNULL関数はNULL値を変換します。式1がNULLでなかった場合は式1がそのまま戻ります。NULLであった場合は、式2が戻ります。式1、式2は同一の型である必要があります。

Accessの場合はNULL値であるかどうか判定するだけで、式2の指定はできません。

The ISNULL function converts a null value. If expression 1 is not null, expression 1 returns as is. If NULL, expression 2 is returned. Expressions 1 and 2 must be of the same type.

実行例

社員テーブル

社員名(EMP_NAME)年齢(EMP_AGE)性別(EMP_SEX)時給(EMP_SALARY)
山田太郎351,000
鈴木花子201,500
null302,500
佐藤梅子40800
ジュン鎌田23800
田中誠二202,500

SQLServerの実行例

/* SQLServer 名前の値がNULL値の場合は「未入力」に変換して表示するサンプル */
/* If the value of the SQLServer name is a null value, convert it to Not Entered and display it. */
SELECT EMP_NAME,ISNULL(EMP_NAME,'未入力') FROM [testdb].[dbo].[MST_EMPLOYEE];
SQLServer 名前の値がNULL値の場合は「未入力」に変換して表示するサンプル実行結果

すなりん

サイトの管理者「すなりん」です。現役のシステムエンジニアをしてます。要件定義からテスト、プロジェクトマネージャー、顧客調整、社内インフラなんでもこなします。いわゆるフルスタック・エンジニアです。 仕事柄色んな技術や製品を扱うことが多く、なかなか覚えているもの大変ですし、しばらくすると忘れてしまうことが多いので、自分なりの形で技術情報やIT関係の情報を掲載しています。 個人で仕事の合間をみながら記事の投稿やサイトを更新していますので、誤字や間違った内容があったりもしますので、閲覧者はご理解の上ご利用ください。