SQL道場 日付時刻関数 GETUTCDATE関数

SQL SQL
この記事は約2分で読めます。

SQLで現在のUTCの日付と時刻を得るGETUTCDATE関数について記載しています。

対応データベース:SQL Server

GETUTCDATE関数の文法

SELECT GETUTCDATE() FROM テーブル
引数なし
返値 datetime 現在の日付と時刻が戻ります。

SQL ServerのGETUTCDATE関数は世界協定時刻である現在のUTCをSQL Serverが動作しているシステムのローカル時刻とタイムゾーンの設定より種痘して戻す関数です。

Transact-SQL ステートメントから、datetime 式を参照できる任意の場所で GETUTCDATE を参照できます。

GETUTCDATE は、非決定的関数です。 この関数を列内で参照するビューと式には、インデックスを付けることができません。

https://learn.microsoft.com/ja-jp/sql/t-sql/functions/getutcdate-transact-sql?view=sql-server-ver16

1 秒未満の有効桁数で比較すると、SYSDATETIME と SYSUTCDATETIME の方が GETDATE と GETUTCDATE よりも高い精度を得ることができます。 SYSDATETIMEOFFSET には、システムのタイム ゾーン オフセットが含まれます。 SYSDATETIME、SYSUTCDATETIME、および SYSDATETIMEOFFSET は、date 型と time 型の任意の変数に割り当てることができます。

実行例

SQLServerの実行例

/* SQLServer 現在の日付と時刻を取得するサンプル */
SELECT GETUTCDATE();
SQLServer 現在の日付と時刻を取得するサンプルの実行結果
タイトルとURLをコピーしました