SQL道場 算術関数 COS関数

最終更新日

SQLでコサインを計算するCOS関数について記載しています。

対応データベース:SQL Server MySQL Oracle PostgreSQL DB2 Access

COS関数の文法

SELECT COS(数値) FROM テーブル
引数数値数値型ラジアン単位で数値を指定
返値実数値型 サインが実数値型で戻る

COS関数はコサインを計算して実数値型で戻します。引数はラジアン単位で数値を指定します。SQL92/99で既定されている関数ではありませんが,多くのデータベースで採用されています。

SQLServer

引数戻り値
float 型、またはラジアンで暗黙的に float 型に変換できる式を指定します。float

逆コサインを求める場合はACOS関数を使用します。

実行例

MySQLの実行例

/* MySQL COSを求めるサンプル */
SELECT SUTI,COS(SUTI) FROM testdb.WORK;
COS関数 MySQL実行結果サンプル

SQLServerの実行例

/* SQL Server COSを求めるサンプル */
SELECT SUTI,COS(SUTI) FROM [testdb].[dbo].[WORK];
COS関数 SQLServer実行結果サンプル

すなりん

サイトの管理者「すなりん」です。現役のシステムエンジニアをしてます。要件定義からテスト、プロジェクトマネージャー、顧客調整、社内インフラなんでもこなします。いわゆるフルスタック・エンジニアです。 仕事柄色んな技術や製品を扱うことが多く、なかなか覚えているもの大変ですし、しばらくすると忘れてしまうことが多いので、自分なりの形で技術情報やIT関係の情報を掲載しています。 個人で仕事の合間をみながら記事の投稿やサイトを更新していますので、誤字や間違った内容があったりもしますので、閲覧者はご理解の上ご利用ください。