Linuxコマンド辞典 modinfoコマンド(カーネル)

最終更新日

カーネルモジュールの情報を表示する「modinfo」コマンドの概要と使い方を記載しています。

RHEL Fedora CentOS Vine Deblan Ubuntu Plamo

参考サイト:Man page of INSTALL

使用頻度:[star rate=”2″ max=”3″ number=”2″]

概要・使用方法

書式

$ modinfo [オプション] モジュール名|モジュールファイルパス [モジュール引数]

モジュール名、もしくはファイル名で指定したカーネルモジュール名の情報を表示します。表示できる主な情報は以下の通りです。

主なカーネルモジュール情報

項目説明
filenameカーネルモジュールファイル名
licenseライセンス
description概要
author作者
alias別名
depends依存するカーネルモジュール
permモジュールパラメータ情報
vermagicバージョン情報

オプション

-a,
–author
モジュールの作者のみを表示する
-d,
–description
モジュールの説明のみを表示する
-l,
–license
モジュールのライセンスのみを表示する
-p,
–parameters
モジュールのパラメータのみを表示する
-n,
–filename
モジュールのファイル名のみを表示する

カーネルモジュール情報を出力する

$ modinfo モジュール名

実行結果

[root@centos ~]# modinfo ext4
filename:       /lib/modules/4.18.0-372.32.1.el8_6.x86_64/kernel/fs/ext4/ext4.ko.xz
softdep:        pre: crc32c
license:        GPL
description:    Fourth Extended Filesystem
author:         Remy Card, Stephen Tweedie, Andrew Morton, Andreas Dilger, Theodore Ts'o and others
alias:          fs-ext4
alias:          ext3
alias:          fs-ext3
alias:          ext2
alias:          fs-ext2
rhelversion:    8.6
srcversion:     D0F0BAFDCD3D302CECDEFA1
depends:        mbcache,jbd2
intree:         Y
name:           ext4
vermagic:       4.18.0-372.32.1.el8_6.x86_64 SMP mod_unload modversions 
sig_id:         PKCS#7
signer:         Rocky kernel signing key
sig_key:        2D:B3:CF:A2:F3:EF:7C:E5:A8:F6:0A:B1:74:A7:2B:26:6D:C6:7D:38
sig_hashalgo:   sha256
signature:      33:8E:12:79:6B:0D:A1:98:D4:2C:BA:F6:DE:3A:2F:94:D7:10:B1:BD:
                3F:3D:1E:7C:F6:00:E6:74:87:83:65:2F:CF:60:BF:F8:F6:69:1A:95:
                32:A6:8E:20:1D:07:77:E2:B6:61:DF:50:BB:BA:C0:58:91:28:0B:1D:
                60:1A:98:AB:51:12:3D:9F:81:16:73:F9:37:B9:42:BC:58:89:57:C2:
                D0:92:CA:58:3B:02:59:61:07:7F:86:C5:AB:AC:70:A0:FD:A1:59:C9:
                ED:51:79:E1:DB:92:34:93:23:84:27:22:71:11:07:FD:F8:EB:C3:A3:
                02:97:86:5B:76:D1:D7:91:9F:19:C4:47:FC:A3:1C:B9:10:64:EF:22:
                FF:AD:C6:75:F6:4E:2B:8F:3F:D2:52:A2:D3:93:33:48:77:BE:E2:82:
                58:02:EF:51:E1:AF:7C:05:43:B5:94:17:A5:3D:6B:3E:6E:B0:49:7E:
                7A:A2:CC:9D:FE:4C:C8:EE:31:9D:08:D6:1F:56:DF:A0:96:5F:A5:26:
                EC:71:F0:ED:DF:39:02:F3:16:9D:BC:5C:58:E0:04:F0:01:FA:A2:AA:
                1B:3E:F2:C6:DD:47:07:4A:87:92:8B:12:EC:21:F2:9E:ED:BE:17:BA:
                38:59:41:C2:43:24:F5:59:AB:46:63:A8:D1:A8:3B:BF:DD:96:27:92:
                4E:26:80:35:BE:0B:71:38:3B:DD:A5:D8:2C:E2:31:AE:FA:89:2E:A6:
                BE:03:8C:6A:D4:E5:E4:53:26:35:B8:41:05:C4:1B:D2:98:14:31:9A:
                F2:69:C6:4D:E9:09:E3:08:B4:C6:9C:B6:02:95:E9:B7:18:7E:34:F3:
                2C:73:26:EE:9F:71:A8:FD:67:18:CE:E2:A0:36:20:C6:8B:84:BC:05:
                70:DD:D5:4C:EE:38:71:D3:71:D5:9B:E9:A7:38:91:7A:66:D9:D9:4D:
                9D:3E:F7:B7:1D:56:E7:77:DA:86:F9:33:23:84:04:A3:9B:71:00:70:
                82:85:4B:B5
[root@centos ~]# 

出力の区切りを改行ではなくNULL文字にする

$ modinfo -0 モジュール名

実行結果

                82:85:4B:B5
[root@centos ~]# modinfo -0 cdrom
filename:       /lib/modules/4.18.0-372.32.1.el8_6.x86_64/kernel/drivers/cdrom/cdrom.ko.xzlicense=GPLrhelversion=8.6srcversion=E195CB9A85911F073C22F73depends=intree=Yname=cdromvermagic=4.18.0-372.32.1.el8_6.x86_64 SMP mod_unload modversions sig_id=PKCS#7signer=Rocky kernel signing keysig_key=2D:B3:CF:A2:F3:EF:7C:E5:A8:F6:0A:B1:74:A7:2B:26:6D:C6:7D:38sig_hashalgo=sha256signature=91:B3:E9:87:10:65:4E:80:D8:C1:58:6C:F4:07:39:9B:FC:5F:BE:E4:
                86:8A:31:AD:D5:97:29:CD:80:15:06:80:8D:FE:5C:E3:51:DF:97:C9:
                34:AC:90:69:B7:71:19:DC:66:C9:A6:D9:C0:CB:64:88:A0:BB:54:F1:
                89:39:1C:C1:56:8C:94:79:14:35:79:C0:5A:DC:1B:60:AB:F8:2B:38:
                F6:E7:0E:5B:8F:72:39:59:A3:58:66:90:17:30:B1:57:8E:8B:C2:9D:
                C9:BD:96:89:98:1E:76:B6:DB:A5:72:BB:76:01:58:20:F8:94:24:23:
                3C:A6:6D:A9:52:37:E2:07:48:DD:1A:18:5E:0A:68:8D:BB:72:49:38:
                B0:AC:E5:80:61:FB:11:31:B9:6C:30:34:B0:F5:78:5B:49:83:DD:68:
                87:A4:01:1F:DC:5B:68:B5:27:F8:45:59:3C:E5:BC:8D:C7:B3:B2:DA:
                34:2D:92:82:23:9D:47:1D:70:0C:5B:79:26:0E:D4:D2:35:0F:66:CC:
                91:40:8B:27:6B:BC:31:79:5E:CA:22:06:DB:ED:DD:F5:84:6A:1E:AB:
                55:CB:E3:15:1A:A6:76:82:4E:2B:DC:D1:5E:CF:C8:28:B4:AE:A9:C3:
                26:9A:D5:F1:0A:3E:8F:5A:40:9B:DC:0F:40:F7:4B:8A:44:BB:68:A8:
                74:FA:9D:A9:DC:A9:1A:E1:B2:0B:69:B0:79:16:FA:EE:AC:36:0E:AF:
                78:1A:97:47:42:94:5E:C9:C9:73:AD:C8:AB:87:22:E9:1E:96:B5:4A:
                EA:CE:15:B8:B9:2E:67:29:0E:B2:A8:B5:BD:68:03:EC:85:54:41:B6:
                7B:A9:3E:C4:B7:50:8F:2B:30:93:1D:4E:96:B0:AF:B8:2E:B9:81:6B:
                BB:5C:E0:0B:A7:F2:49:EC:79:C7:D3:3A:83:55:F2:C9:45:12:1D:85:
                BA:88:D4:66:5A:9D:05:C9:8F:9A:19:89:57:B2:CA:67:9F:EC:14:EC:
                72:1F:A2:E4parm:           debug:boolparm:           autoclose:boolparm:           autoeject:boolparm:           lockdoor:boolparm:           check_media_type:boolparm:           mrw_format_restart:bool[root@centos ~]# 

参照したいカーネルバージョンを指定してモジュール情報を表示する

$ modinfo -n -k バージョン モジュール名

実行結果

[root@centos ~]# modinfo -n -k 2.6.32-5-amd64 cdrom

モジュールのパラメータを表示する

-pオプションでモジュールのパラメータを表示することができます。モジュールによっては/proc配下のファイルを編集することでパラメータ調整することができます。例えば、autocloseはCDメディアにアクセスした際にトレイが空いていれば閉じる設定で、デフォルトでは1です。「echo “0”>/proc/sys/dev/cdrom/autoclose」などで調整することができます。

$ modinfo -p モジュール名

実行結果

[root@centos ~]# modinfo -p /lib/modules/3.14-2-amd64/kernel/drivers/cdrom/cdrom.ko

すなりん

サイトの管理者「すなりん」です。現役のシステムエンジニアをしてます。要件定義からテスト、プロジェクトマネージャー、顧客調整、社内インフラなんでもこなします。いわゆるフルスタック・エンジニアです。 仕事柄色んな技術や製品を扱うことが多く、なかなか覚えているもの大変ですし、しばらくすると忘れてしまうことが多いので、自分なりの形で技術情報やIT関係の情報を掲載しています。 個人で仕事の合間をみながら記事の投稿やサイトを更新していますので、誤字や間違った内容があったりもしますので、閲覧者はご理解の上ご利用ください。