Linuxコマンド辞典 wコマンド(ユーザ/グループ管理)

ログイン中のユーザ状況を詳細に表示するwコマンドの概要と使い方を記載しています。

RHEL Fedora CentOS Vine Deblan Ubuntu Plamo

参考サイト:Man page of INSTALL

概要・使用方法

whoコマンドでは、ログイン中のユーザを知ることができますが、どのような処理を実行しているかわからないので、wコマンドを使用することで詳細を表示することができます。

書式

$w [オプション] ユーザ名Code language: PHP (php)

オプション

-hヘッダを表示しない
-u現在のプロセス時間と CPU 時間を計算するときに、(ログイン名と現在の) ユーザー名(の違い)を無視する
-s短く表示する。 ログイン時刻、JCPU, PCPU を表示しない。
-ffrom (リモートホスト名) 項目を表示するかしないかのトグル。デフォルトでは無 効、つまり from 項目は表示されない。しかし、システム管理者や ディストリビューションの管理者はデフォルトで from フィールドを表示するようにコンパイルすることもできる。
-i,
–ip-addr
接続元ホスト名の代わりにIPアドレスを表示する

ログインユーザの状況を詳細に表示

# wCode language: PHP (php)

実行結果

[centos@i-host ~]$ w
 02:08:52 up 351 days,  4:14,  2 users,  load average: 1.08, 1.01, 0.97
USER     TTY      FROM             LOGIN@   IDLE   JCPU   PCPU WHAT
centos   pts/0    00-111-99-999.ar Wed22    5:32   0.25s  0.06s sshd: centos [priv] 
centos   pts/1    00-111-99-999.ar Fri13    4.00s  0.05s  0.00s w
1        2        3                4        5      6      7
[centos@i-host ~]$ 

wコマンドにより表示される情報

ユーザ名
ログイン端末名
ログインホストのホスト名、またはIPアドレス
ログイン時刻
アイドル(未使用)時間(単位:秒)
wコマンド実効までにCPUを使用した時間
カレントプロセスがwコマンド実行までにCPUを使用した時間
実効プロセス

特定のユーザのみ表示

# w ユーザ名Code language: PHP (php)

実行結果

[centos@i-host ~]$ w centos
 02:08:52 up 351 days,  4:14,  2 users,  load average: 1.08, 1.01, 0.97
USER     TTY      FROM             LOGIN@   IDLE   JCPU   PCPU WHAT
centos   pts/0    00-111-99-999.ar Wed22    5:32   0.25s  0.06s sshd: centos [priv] 
centos   pts/1    00-111-99-999.ar Fri13    4.00s  0.05s  0.00s w
1        2        3                4        5      6      7
[centos@i-host ~]$ 

すなりん

サイトの管理者「すなりん」です。現役のシステムエンジニアをしてます。要件定義からテスト、プロジェクトマネージャー、顧客調整、社内インフラなんでもこなします。いわゆるフルスタック・エンジニアです。 仕事柄色んな技術や製品を扱うことが多く、なかなか覚えているもの大変ですし、しばらくすると忘れてしまうことが多いので、自分なりの形で技術情報やIT関係の情報を掲載しています。 個人で仕事の合間をみながら記事の投稿やサイトを更新していますので、誤字や間違った内容があったりもしますので、閲覧者はご理解の上ご利用ください。

コメントを残す