Linuxコマンド辞典 grpckコマンド(ユーザ/グループ管理)

グループファイルの整合性を照合するgrpckコマンドの概要と使い方を記載しています。

RHEL Fedora CentOS Vine Deblan Ubuntu Plamo

参考サイト:Man page of INSTALL

概要・使用方法

UNIXのグループ定義ファイルである「/etc/group」と「/etc/gshadow」の書式や記述データの照合をします。正しい記述では無い場合や、訂正不能であった場合はそのエントリを削除します。

チェックする項目

  • 項目数
  • グループ名がユニークであるか
  • メンバーと管理者リストに間違いがないか

削除候補に挙がった場合は問い合わせを行い、削除を行わない場合は処理を継続しません。

書式

$grpck [オプション] [グループファイル名 グループシャドウファイル名]Code language: PHP (php)

オプション

-r読み込み専用(書き込みできない)でコマンドを実行する

グループファイルの整合性を照合する

管理者権限

# grpck ユーザ名Code language: PHP (php)

実行結果

[root@i-host ~]# grpck -r
group projectA: no user hanako?
delete member 'hanako?'? No
'hanako?' is a member of the 'projectA' group in /etc/group but not in /etc/gshadow
'hanako' is a member of the 'projectA' group in /etc/gshadow but not in /etc/group
grpck: no changes
[root@i-host ~]# 

エラーがある場合は、上記のように問い合わせ形式で表示されます。

[root@i-host ~]# grpck -r
[root@i-host ~]# 

エラーがない場合は、何も表示されません。

すなりん

サイトの管理者「すなりん」です。現役のシステムエンジニアをしてます。要件定義からテスト、プロジェクトマネージャー、顧客調整、社内インフラなんでもこなします。いわゆるフルスタック・エンジニアです。 仕事柄色んな技術や製品を扱うことが多く、なかなか覚えているもの大変ですし、しばらくすると忘れてしまうことが多いので、自分なりの形で技術情報やIT関係の情報を掲載しています。 個人で仕事の合間をみながら記事の投稿やサイトを更新していますので、誤字や間違った内容があったりもしますので、閲覧者はご理解の上ご利用ください。

コメントを残す