Linuxコマンド辞典 chshコマンド(ユーザ/グループ管理)

linuxコマンド辞典 Linux
この記事は約2分で読めます。

ユーザがログインしたときに起動するログインシェルを変更する「chsh」コマンドの概要と使い方を記載しています。

RHEL Fedora CentOS Vine Deblan Ubuntu Plamo

参考サイト:Man page of INSTALL

スポンサーリンク

概要・使用方法

ユーザがログインしたときに起動する「ログインシェル」を変更します。Linuxディストリビューションの多くは、、デフォルトのシェルが「/bin/bash」に設定されています。変更できるシェルは「/etc/shells」に記載されている項目がから選択できます。

管理者権限で実行する場合は、別のユーザのシェルを変更できたり、「/etc/shells」に記述されていないシェルを利用するように変更もできます。

シェル指定がない場合は、対話的にシェルを指定することになります。

書式

$chsh [オプション] ユーザ名

オプション

-s シェル利用するシェルを指定する
-l選択可能シェルを一覧表示する

対話的にシェルを変更する

管理者権限

$ chsh

実行結果

[testuser@i-host ~]$ chsh
Changing shell for testuser.
New shell [/bin/bash]: /bin/sh
Password: 
Shell changed.
[testuser@i-host ~]$ 

利用するシェルを変更する

管理者権限

$ chsh -s シェルパス

実行結果

[testuser@i-host ~]$ chsh -s /bin/bash
Changing shell for testuser.
Password: 
Shell changed.
[testuser@i-host ~]$ 

管理者権限で特定のユーザのログインシェルを変更

管理者権限

# chsh -s シェルパス ユーザ名

実行結果

[root@i-host ~]# chsh -s /bin/sh testuser
Changing shell for testuser.
Shell changed.

利用できるシェルの一覧表示

「/etc/shells」の情報を表示

管理者権限

# chsh -l

実行結果

[root@i-host ~]# chsh -l
/bin/sh
/bin/bash
/usr/bin/sh
/usr/bin/bash

コメント

タイトルとURLをコピーしました