Linuxコマンド辞典 groupaddコマンド(ユーザ/グループ管理)

新規グループを作成する「groupadd」コマンドの概要と使い方を記載しています。

RHEL Fedora CentOS Vine Deblan Ubuntu Plamo

参考サイト:Man page of INSTALL

概要・使用方法

新規グループを作成するコマンドになります。-gオプションをつけることにより、グループID(GID)を明示的に決めることができます。

すでに使用されているGIDは使用できません。また、システム利用する範囲も使用することはできません。

「/etc/login.defs」のGID_MINに設定される値より大きい値であること。

オプションを指定しない場合は、使用されていないIDが昇順で付与されます。

使用例:プロジェクトチームの参加メンバ用にグループを作成してメンバを所属させることにより、アクセス権限が容易に付与することができます。

書式

$groupadd [オプション] グループ名Code language: PHP (php)

オプション

-g グループID
–gid グループID
作成するグループのグループIDを指定する
-f
–force
指定したグループが既に存在してもコマンドの終了をエラーにしない
-K キー=値
–key キー=値
/etc/login.defsの設定値を上書きして実行する
-r
–system
システムグループを作成する

グループを追加

管理者権限

# groupadd グループ名Code language: PHP (php)

実行結果

[root@i-host ~]# groupadd projectA
[root@i-host ~]# cat /etc/group|grep projectA
projectA:x:1013:
[root@i-host ~]# 

グループIDを指定して追加

グループIDにルールを設けて運用する場合は、GIDを指定する必要があります。その場合は-gオプションを使用します。

管理者権限

# groupadd -g 777 projectBCode language: PHP (php)

実行結果

[root@i-host ~]# groupadd -g 777 projectB
[root@i-host ~]# cat /etc/group|grep projectB
projectB:x:777:
[root@i-host ~]# 

すなりん

サイトの管理者「すなりん」です。現役のシステムエンジニアをしてます。要件定義からテスト、プロジェクトマネージャー、顧客調整、社内インフラなんでもこなします。いわゆるフルスタック・エンジニアです。 仕事柄色んな技術や製品を扱うことが多く、なかなか覚えているもの大変ですし、しばらくすると忘れてしまうことが多いので、自分なりの形で技術情報やIT関係の情報を掲載しています。 個人で仕事の合間をみながら記事の投稿やサイトを更新していますので、誤字や間違った内容があったりもしますので、閲覧者はご理解の上ご利用ください。

コメントを残す