Cnetos7へのPHP7.4をインストール手順

CentOS7は標準で用意されているリポジトリからはインストールできません。まずは、remi repositoryをインストールします。

PHP公式

CentOSバージョン確認

[centos@i-vhost ~]$ cat /etc/redhat-release 
CentOS Linux release 7.9.2009 (Core)

インストール手順

Remi repositoryをインストール

remiリポジトリとは

remiリポジトリは、サードパーティリポジトリと呼ばれる。CentOSが標準で用意しているサードパーティが提供しているリポジトリの一種。PHPスタックの最新バージョン、フル機能やその他のソフトウェアを、Fedora及びEnterprise Linux(RHEL、CentOS等)に提供しています。

https://rpms.remirepo.net/

remiが提供しているパッケージには、php以外にもApacheやMySQLもはいっているので、LAMP環境を構築しやすいメリットがあります。

remiの留意事項

最新パッケージは入手できますが、未知のセキュリティホールが残っていたりするので信頼性の面でデメリットがあります。

$ sudo yum -y install http://rpms.remirepo.net/enterprise/remi-release-7.rpm

PHP 7.4をインストール

セットアップしたRemiレポジトリより、PHP 7.4をインストールします。

$ sudo yum -y install --enablerepo=remi,remi-php74 php php-mbstring php-xml php-xmlrpc php-gd php-pdo php-pecl-mcrypt php-mysqlnd php-pecl-mysql

PHPのバージョン確認

PHP 7.4.28がインストールされたことを確認します。

# php -v
PHP 7.4.28 (cli) (built: Feb 15 2022 13:23:10) ( NTS )
Copyright (c) The PHP Group
Zend Engine v3.4.0, Copyright (c) Zend Technologies

php.iniのバックアップ

オリジナルのphp.iniのバックアップをしておきます。これは不具合があった場合戻せるようにする必要があるためです。

php.iniを変更した場合は、Webサーバー(apache、nginx)再起動を行う必要があります。

php.iniとは

PHPプログラムの全体的な動作や環境を設定するファイルのことです。主に文字コード設定、マルチバイト文字処理に関する設定、タイムゾーン設定、メモリ管理、セキュリティなどがあります。

# cp /etc/php.ini /etc/php.ini.bk

すなりん

サイトの管理者「すなりん」です。現役のシステムエンジニアをしてます。要件定義からテスト、プロジェクトマネージャー、顧客調整、社内インフラなんでもこなします。いわゆるフルスタック・エンジニアです。 仕事柄色んな技術や製品を扱うことが多く、なかなか覚えているもの大変ですし、しばらくすると忘れてしまうことが多いので、自分なりの形で技術情報やIT関係の情報を掲載しています。 個人で仕事の合間をみながら記事の投稿やサイトを更新していますので、誤字や間違った内容があったりもしますので、閲覧者はご理解の上ご利用ください。

コメントを残す