【商品レビュー】SainSmart (サインマート)3Dプリンター PETG フィラメント クリア

SainSmart 3Dプリンター PETG フィラメント クリア 3Dプリンター
この記事は約3分で読めます。

「SainSmart 3Dプリンター PETG フィラメント クリア」をVOXELAB Aquila 3Dプリンターで印刷してみた感想及び印刷時の注意点や強度、他のフィラメントとの質感比較等を記載しています。

各フィラメントの解説はこちら

スポンサーリンク

商品情報

ブランドSainSmart
寸法精度+/- 0.02 mm
重量2.2 ポンド(‎998 g)
直径1.75 ミリメートル
製品サイズ21.4 x 21.2 x 7 cm
クリア
材質PETG
保証について初期不良交換
商品の重量‎1kg

高耐久性: PRO-3 PETG繊維は、収縮と反りを最小限に抑え、高い耐衝撃性と反りの少ない繊維です。

スマートインジケータ: 残りのフィラメントの長さをわかりやすくするために、クリアPCスプールの表面にスマートな長さインジケータがあります。

評判:PRO-3 PETGフィラメントは、ABS(より強固で、高温、より耐久性の高い)とPLA信頼性(印刷が容易)を1つの材料で組み合わせることで高い評価を得ています。

100%エンタングルメントなし: スプールのエンタングルメントがなくなりました!フィラメントの各ラップは、重なり合うこと、交差すること、または絡み合うことなく、その隣に正確に位置する。

レーザー精密: レーザーで検査したPRO-3は、フィラメントの1インチあたりの誤差が+/- 0.02mmのエラーレートになるように正確に設計されています。 一貫した丸形により、印刷が予期せず中断するのを防ぎます。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07D33KSF7/ref=ppx_yo_dt_b_asin_title_o01_s00?ie=UTF8&th=1

推奨プリント条件設定:

  • 印刷温度:230-260°C /(446-550°F)
  • ベース・プレート温度:加熱必要なし/ 50-80°C
  • 印刷速度:50-100mm / s
  • 推奨保管温度:-20〜50°C / -4〜122°F

使用した感想

「SainSmart 3Dプリンター PETG フィラメント クリア素材」は、3000円台で購入することができます。他のフィラメントと比較すると少し高めの設定になっています。印刷のしやすさという面では、特別な設定は必要なく、PLAのプロファイルのベースにヘッドとプラットフォームの温度を印刷条件の範囲で設定すれば問題なく印刷できます。反りやフィラメントのよれやほつれなどもありません。

他素材との質感比較

SainSmart製のPETGですが、下記モデルで印刷した場合、強度としては他のフィラメントと比較しても弱いです。質感はペットボトルの樹脂に近いです。指で曲げるとパキパキ割れるような感じです。表面はつるつるしており、「VOXELAB 3Dプリンター」に付属してきたPLAに近い質感です。ただし、付属してきたPLAのほうが硬度は高いです。

PETGは、透明度が一番高いフィラメントですが、FDMで印刷するとペットボトルのような透明感はできません。すりガラスのような質感です。フィギュアなどに使用されている透明な台座が近い感じです。

PLA、ABS、PETG比較画像

印刷環境・スライサー設定

使用した3Dプリンター:VOXELAB Aquila 3Dプリンター

VoxelMakerの場合は、Auila PLAプロファイルのヘッドとプラットフォームの温度をフィラメントの推奨印刷条件で設定することで印刷することができます。ここでは、ヘッド:250℃、プラットフォーム:70℃で指定して印刷しています。

一般的なタブ

プリント 一般的なタブ画像

周囲タブ

プリント 周囲タブ画像

充填率タブ

プリント 充填率タブ画像

サポート材タブ

プリント サポート材タブ画像

ラフトタブ

プリント ラフトタブ画像

追加タブ

プリント 追加タブ画像

冷却タブ

プリント 冷却タブ画像

高度なタブ

プリント 高度なタブ画像

その他タブ

プリント その他タブ画像

完成!

SainSmart 3Dプリンター PETG フィラメント クリア印刷結果画像

フィラメント保管方法

フィラメントの保管は、透明なクリアケースに除湿剤をいれて保管しておきましょう。すべてダイソーで揃います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました